交通事故でのケガは病院へ

 交通事故にもさまざまなパターンがあり、事故直後の状態もケースバイケースです。

 大怪我を負ってしまったり、脳震盪(のうしんとう)を起こしてしまい意識を失ってしまった場合は、救急車で搬送され病院を受診することになります。

 しかし、大きな怪我もないし、取り立ててどこも痛くないという場合や少し違和感はあるものの病院で検査を受けるまでもないだろうと自己判断し受診しない方もいらっしゃいます。

 しかし、これは非常に危険なことです。

 交通事故に遭ったら一度病院に行くことが大切です。

 例えば、タイムラグがある脳出血の場合、受傷直後は症状が出ることはほとんどありませんが、異常を感じた時には非常に危険な状態になっていることが多いため頭を強く打った時には、すぐに病院や稲敷・阿見町のみこと整骨院のような交通事故専門治療院を受診することをおススメします。

 当院では、病院と連携をとっておりますので、必要があれば病院での精密検査をおすすめする場合もございます。

 また、病院で検査を受けたが、特に骨などに異常はないものの、痛み止めや湿布などでは完治することができない場合は当院で根本改善に向けた施術を受けていただくなど、一人ひとりに合った施術を受けられる体制を整えておりますので、当院へご相談ください。

PageTop